Matryomin_1 of Shimon's Microcosmos

マトリョミンとは…

D1000011.jpg
マトリョミンはロシアで発明された最古の電子楽器「テルミン」の垂直アンテナを、ロシアの有名な民芸品「マトリョーシカ」に組み込んだ、ユニークな電子楽器です。
最近、いろいろな雑貨屋さんでマトリョーシカグッズを見かけますが、もしかしたらこのマトリョミンの“布教”活動の効果なのでしょうか?
外側のマトリョーシカはロシアからきたオリジナルですが、日本でアンテナ部分を組み込んでマトリョミンのできあがり!
( ∴ Maid in Japan ? )
チェロのようなハミングのような不思議な音色を奏でてくれます。
このマトリョミンの開発者はテルミン奏者の竹内正実氏です。
2000年に考案し、2003年からマンダリンエレクトロン(代表:竹内正実氏)で販売されているそうです。
水平アンテナが無いので、強弱を付けることはできませんが、5オクターブ以上の音域を持っているので、いろんな曲を演奏することができます。
「テルミンをやってみたいけど、ちょっとね…」 と思っていらっしゃる方に是非おすすめします。
マトリョミンは大勢での合奏もできるので、熟練した演奏者でなくても「みんなでやれば(演奏すれば)怖くない!」のノリで楽しく演奏できます。
体験教室も行われているようですので、お近くで開催されるときは是非参加してみてください。
LinkIconマンダリンエレクトロンのホームページはこちらです。
是非のぞいてみてくださいね。
マトリョミンアンサンブル「マーブル」の演奏は凄いですよ!

ページの先頭へ

mail.gifE-Mail